22時以降の過ごし方で人生が変わる!?

けーこです。また,投稿があいてしまいました(笑)

年齢的に契約社員とバイトの掛け持ちが厳しくなってきました( ;∀;)

なぜかというと,以前なら一晩寝れば元気だったのが,今は疲れが抜けてくれないし肌の調子が悪いのです。当然,早起きは苦手です(笑)

ということで今日は,会社で早起きな先輩から聞いた話について書いてみたいと思います。

ところで,早起きの人とそうでない人の時間の使い方は一体何が違うのでしょうか???両者とも,午後の時間の使い方はそう変わりません。午後1時から午後6時まで5時間仕事をする。ところが,午前中はどうでしょうか。通勤時間に両者とも1時間かかるとしたら,朝5時に起きる人は,朝食や身支度で1時間ほど差し引いたとしても12時までに5時間は仕事に使うことができます。一方,朝7時半に起きている普通の人は,2時間半しか使えません。

この差って非常に大きいですよね。

夜に残業して巻き返せばいいだろうと考えてしまうかもしれませんが,夜の残業はたいていダラダラとしたものになりがちですよね。夜なら時間がたっぷりあるから大丈夫とつい思ってしまい,気が緩んでしまう。しかし,早起きの人は反対で,午前中にたっぷり仕事を進めた分,さっさと仕事を終わらせて早い時間に退社し,夜にはほかに有意義な時間を過ごす。ダラダラと残業している人と,ここで差がはっきりとついてしまうのです。

早起き先輩さすが・・・(‘Д’)

さらに,差がついてくるのが,夜22時以降の過ごし方だそうです。早起きの人は,当然ながらとにかく朝が早いんです(笑)ということは,遊びや酒もほどほどにしています。一方,普通の人はつい深酒をして夜更かしをすることが多いですよね。その結果,翌日にまでアルコールが残り,仕事の能率を極端に低下させる。さらに付け加えるのなら,遊びに費やす出費も相当なはずです。

早起き先輩の友達で,フリーランスで成功したHさんは,飲み会で次のように語ってくれたそうです。。

「会社勤めをしていたころは,深夜の3時まで同僚とよく飲んでいた。そして,翌日の午前中は使い物にならなくなってたそうです。でも,それで給料が下がるわけではなかった。ところが,フリーの身で深夜の3時まで飲んだらどうなるか。午前中はフラフラで仕事ができない。これは,損失のほかないんです。だから,遅くまで飲むのはサヨナラして,朝は早く起きるようになったね。ということで,今日は早く帰るから」と1次会で切り上げたそうです。

けーこもこういう健全な習慣を身に付けないといけないなと思いました。生活習慣を改善しなきゃ肌の調子は戻らないだろうしなぁ・・・。エステでも行ければ最高なんですけどね・・・お金がない(笑)そういえば,この間札幌の友達とスカイプした時に肌がめっちゃきれいになっていて,理由を聞いたらエステへ行ったそうなんです。体験者の感想をチェックしたりしてすっごい悩んで結果行くことにしたそうなのですが,大正解だったと言ってました。私もエステ行きたいなぁ・・・